【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート2023の視聴率は60%

そんなに高いのか。

今日の今日まで知らなかったんです。もしかしたらどこかで目にしていたかも知れないけれど、上っ面を滑っていた(見逃していた)だけかも知れないんですけれど、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートって、本家というか、本国というか、開催国のオーストリアでのテレビ視聴率、めちゃくちゃ高いんですね。

日本で言うところのかつての紅白歌合戦のようなものか。

かつての、とか言ってごめんなさい。紅白歌合戦は私たち夫婦は「観るかな」と思うのですが、こどもらは日光に鬼退治に行ったり、あるいはお台場に逃げに行ったりするほうが楽しいらしく、大晦日夜にチャンネル争いが勃発、血で血を洗う恐ろしい大激闘が繰り広げられたのであった。ある者は諦めてため息をつき(私)、ある者はチャンスをうかがっては1chに照準を合わせ(妻)、すれば即座にこびとたちは変えろ変えろとワーワー騒いだのであった。

レブレヒトによれば今年のウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの視聴率は60%だったそうです。

ほんまか。ソースはどこだ。一生懸命3分30秒ぐらい探したけれど見つからなかったので諦めて、ソニーのサイトから拾ってきた去年おととしの視聴率。

2022年:60%超
2021年:54%

まじですか。すごすぎる。しかし、昨年の記録を読むと60%と言いながらも視聴者数は116万人とあって首をかしげる。オーストリアの人口は900万人弱なので、54%なら500万人弱になるはずなんだがどうしてだろうなぜかしら。視聴者数の数え方を私が知らないだけかも知れない、詳しい方教えて。

コメント

コメントする