【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

昨日からバズりまくっている動画(iPadが演奏中にフリーズ)でピアノを弾いている本人にお話を聞いてみた

iPadを使って演奏していて演奏中にiPadがフリーズしたら・・・そんな恐怖なイベントについて考えたことのある方はどのくらいおられますでしょうか。

「そんなことないだろう」と思いながら、というかむしろそんな事態について思いを馳せることなく皆さんガシガシ使われていると思うのですが、iPadだって機械だもの、トラブルは起こりうる。しかも最悪のタイミングで起こることもある。・・・そう、たとえば国際コンクールで起こったらどうだろうか。いやいやいや、それはシャレにならないって。っていうか究極のやばやばのやば、やろ。

昨年のエリザベート王妃国際コンクール(=ショパン国際、チャイコフスキー国際と並び「世界3大コンクール」の一つと言われます。なおピアノではなくチェロ部門での出来事です。つまりフリーズして焦りまくったのはコンテスタント自身ではありません)で、iPadがフリーズした動画が昨日ぐらいからめちゃくちゃにバズっています。これです↓

これが夕方電車のなかでタイムラインに流れてきて、うお、やべーな、と私も思ってみていました。で、すぐ駅に着いたから降りたんですよね。ほんで事務所で仕事していたところ、スマホが「ブッ」というではないか。チラ見したら大学の後輩ピアニスト、“ぞのぴー”こと薗田奈緒子さんからメッセージや。

あら、久しぶりにどうしたのかな、と思って開けてみたところ「動画が韓国で爆発ヒットしたらしく、日本でも昨日からバズりまくっていてやばい。私のところにも通知がきてとまらないの。言いたいこともあるし後日談もあるから山根さん書いてくれませんか」という。「えっ、あれ、ピアノ弾いてるの、ぞのぴーなの?」と聞いたら「そうだ」という。

薗田さんはベルリン在住のピアニスト、ベルリン芸大というドイツ屈指の音楽大学で教え、後述する世界最高の音楽コンクールなどで公式ピアニストとして活躍するなど本場ヨーロッパで引っ張りだこのもの凄いプロフェッショナルです。

場所:エリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー、ブリュッセル)
日時:2022年5月22日(日)
何が起こったのか:iPadが演奏中にフリーズした
なぜ起こったのか:アプリのアップデートをし忘れたから
どう対応したのか:iPadを再起動したらなおった(30秒ぐらい)
チェリストはその時:「何か譜めくりでトラブルがあったんだろうなー」ぐらいで全然気にしていなかった

大急ぎで、可能な限りの音符を弾きながらiPadの再起動をした薗田さんも凄ければ、気にせず悠然と引き続けるチェリストもやばい。以下、薗田奈緒子さんからのメッセージである。

薗田:もともとiPadで演奏するようになったのは、コロナ中にあるコンサートで「できればiPadで演奏してほしい」と主催者から言われたのがきっかけです。それまでは私もiPadで演奏するなんて・・・フリーズしたらどうするの?と思っていた人間でした。でもいざ使ってみると、楽譜を何冊も持たなくてよい。職業がら常に何十曲も抱えている私達にとって身体の負担が格段に違ったんですよ。それで使うようになりました。

とはいえ普段は念のために楽譜を持って行っているのですが、この時は出産の2ヶ月後で、頭が息子のパンパースでいっぱいでした。コンクール期間3週間分の荷造りのなか、あろうことか一次予選の楽譜をそっくり忘れてしまったんです・・・。

現地ですぐにコピー譜を用意すればよかったのですが、時間がなかったのと「iPadがあるから大丈夫だろう」という気の緩みもあって、しなかったんです。韓国ではコメント欄に「プロ失格」とかありましたが、そうだなと思って反省しています。

で、実際ベートーヴェンとかよく知っている曲ならまだしも、そう言う時に限ってコンクールのために譜読みしたジョリヴェの曲(ノクチュルヌ)で起こりました。

幸い一番曲が盛り上がる部分が過ぎたあとで、ピアノはゆっくりとした和音が続く部分だったのですが(「フリーズしたせいでピアニストはメロディーが弾けていない」と書いていた人もいたけど、メロディーはそもそもないんです)、「人のコンクールだから絶対に止まるな!!」と自分に言い聞かせて、アプリ(forScore)を閉じて再起動。それでもだめだったのでiPadを再起動したと思います。アップルマークを見た気がするので。30秒ぐらいでしょうか。それからページをめくりました。

これ、もちろんネットで生配信されていて、見ていた人が、私がiPadと格闘していたから心臓が飛び出たと言っていました(ちなみにビデオは翌日、すごく遠巻きからのアングルに修正されていました笑)。なぜ起こったのかというと、私がアプリのアップデートし忘れたのが原因みたいです。アップデートしないとバグるっていうのは知らなかったです。これ以後、アップデートし続けていて、いまのところ同じハプニングは起こってないです。

やばいっすね・・・武勇伝が過ぎる。お疲れ様でした。・・・ところでここからがなんと後日談です↓

さて、無事に次のラウンドに進んだ同じチェリストとの演奏直前。私は紙の楽譜を持っていたので「今日は大丈夫」と思っていたら、コンクールの新曲課題をiPadで演奏予定だったチェリストが演奏開始数分前に急に荷物をガサゴソしだして、「ナオコ、僕、iPad忘れた」と・・・。

・・・えっ。わたし今日持ってないよ、ということで慌てて「誰かiPad持ってないか!!」とホールの裏中を探しまくったんです。そうしたら、iPadはなかったんですが、本当にたまたま、前日に紙の楽譜で弾いたチェリストが楽譜をホールに忘れていた(!)のを運良く発見して。彼は違う人の違う指遣いが書かれた譜面で演奏しました。もう演奏1分前までドタバタでした。

しかもそのラウンドでは最後の曲で「ここはリピートがあるからめくらないでください」と譜めくりの方に打ち合わせの時頼んでいたのに、そこになったら立ってめくろうとするんですよ。いやいやと思って「リピート」と小声で合図したんですが気がついてもらえなかったんです。最後はわりと普通の声で「いや、リピート!」と言っちゃいました。

この時は、とにかく私も授乳ループで寝不足。ハプニングは起こるし、ヒヤヒヤでしたが、結果このチェリストのマルセル君は3位に入りましたし、終わったときはホッとしました。今じゃ笑い話です。

・・・いやはや、iPadも不具合が起こる。そして人間の譜めくりでも油断は一切出来ない。一回のコンクールで何とその両方を体験してしまった薗田さんであった。

武勇伝は他にも無数にありそうだ。また聞かせてもらおうと密かに私は決意している。

●薗田奈緒子公式サイト:
https://naokosonoda.com/

コメント

コメントする