【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

次のネトレプコは誰だ!2023年のベスト・シンガー11選

というわけで、私が選んでいるわけではないんですが、いや、私自身は歌手を自身をもって選べるほど聴いているわけでもなんでもないので、なるほど!と膝を叩くばかりなのですが、オペラワイヤというウェブサイトがあってですね、オペラとか歌とかそちらに全振りしているサイトの一つで、情報源として大変重宝しているところなのですが、今年も今年の歌手を発表するで、っということで発表してたのでざっと眺めることといたしたい。

いつまでも三大テノールというわけにもいかない。いつまでも同じ歌手が歌い続けられるわけでもない。パヴァロッティもいない、グルベローヴァもいない。では次のスーパースターは誰だ。

あいうえお順にならべるね!(アルファベット順です)

アイグル・アクメチーナ Aigul Ahkmetshina
ピョートル・ベチャワ Piotr Beczala
ローレンス・ブラウンリー Lawrence Brownlee
ジョシュア・ゲレーロ Joshua Guerrero
リア・ホーキンズ Leah Hawkins
ルシア・ルーカス Lucia Lucas
エルモネラ・ヤオ Ermonela Jaho
クイン・ケルシー Quinn Kelsey
アイリーン・ペレス Ailyn Pérez
ジョナサン・テテルマン Jonathan Tetelman
エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー Elza van den Heever

なるほど!全員の名前と歌唱が一致するという方は立派なオペラ狂いです。素晴らしい!!私はすっかりダメダメでたったの3人しか判らなかったですよ。来年はもっと歌も聴いていきたいと思いますね。とりあえず下のオペラワイヤのサイトに全員のYouTube映像がそれぞれの歌手の短い解説とともに一つずつ貼り付けられているので、気になったあなたは、気にならないあなたも、行ってきてご覧になることをおすすめ。世界最新の歌事情がそこにある。歌の2023最前線がここにある!!トランスジェンダーっていうか、マイノリティ的な歌手も入っているところが21世紀的であると言えましょうか。

Best of 2023: OperaWire’s Top 11 Singers of 2023 Opera Wire

・・・とはいえぶっちゃけ歌っていうのは現実なかなか企画を立てたりチケットを売ったりするような立場の我々にしてみると仕事にしづらい部分があるので(コンサートが作れないので)難しいんですよね。リサイタルは圧倒的に器楽に軍配があがる。やはりオペラとか歌とかは日本では簡単ではない。だが、これからも私も末席ながら歌に関わっていこうと思っております。来年も歌手を呼んだり、合唱団をよんだりします。再来年も合唱団を呼ぶ予定にしているのでみなさまなにとぞ。

それでは本日最後の出勤日という方も多いかと思いますので、よい最終日とお打ち上げを。人生はお打ち上げが大切だ。

コメント

コメントする