【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

ザルツブルク音楽祭に史上最大の寄付、18億円。

Photo: Marte.Marte Architekten

ワイルドだぜえ!!

18億円あったら、あなたなら何に使う?私なら、そうね・・・まず腹一杯、思う存分ピノを食べる。それからザルツブルク音楽祭に寄付するかな。

そんな奇特な人がいるのでしょうか。いたんですよ。スイスに(ピノの部分については私山根の個人的な感情ですのでお間違えのなきよう)。この男性は子供の頃から親に連れられてザルツブルク音楽祭に来ていた(ザルツブルク音楽祭は100年以上の歴史をもっています)、そしてザルツブルクの高級ホテルを2つ所有しているというとてつもない大富豪。そんな男性がポンとお金を出したのだ。

もともとザルツブルク音楽祭の会場のメイン会場になっている広場は、音楽祭以外の時はあまり活気があるとはいえなかった。それをなんとかせんければ、ということでコンペだのなんだのいろいろあってなんのかんのとあって、全部細かい話はすっ飛ばしますけれど、フェスティバルセンターなるものが作られることになった。これによって年間を通じてザルツブルクは輝きをますのです!!

ほんでその費用は誰が賄うのん?

税金ではまかなえないことが明らかだったため、音楽祭はなんとかならんかと考え資金集めに奔走。いきあたったのがハンス・ペーター・ワイルド氏だったのです。ワイルド氏が最大で1200万ユーロまで出しましょう、と確約をしてくれたわけです。うっひょ。

「個人の寄付としては過去最大である」と書いてあって、いやそうでしょう。これ破られる日が来るんですかね。

Hans-Peter Wild neuer FestspielmäzenORF
https://salzburg.orf.at/stories/3207984/

このプロジェクトの模型とかお写真はコンペをさらった建築事務所Marte.Marteのページにあるのでよろしければ見にいってください:
https://www.marte-marte.com/projekt/festspielzentrum-der-salzburger-festspiele

んで、ハンス・ペーター・ワイルド氏は何もの?Wikipediaに項目がありまして、それによりますとドイツ生まれスイス在住の起業家であり弁護士である。親が1931年に創設した食品加工会社を受け継ぎ、国際的な会社へと成長させ、2014年に売却したことで巨額の富を手にしたというようなことが書かれています。現在82歳だそうです。成功者ですね。ええいうらやましいぞう。

フォーブスによると現在のワイルド氏の資産はおよそ4138億円だそうです。やばやばのやばです。お金持ちです。リアルタイム世界ランキング869位ともあります。すげえ。でも4000億持っててもこのランキング。世の中のお金持ちはいったいどんだけ持っているのか。

いや、これからもガンガン音楽祭に寄付が来て(というか寄付はあちらからやってくるのではなく招致活動の結果だと思いますが)ますますザルツブルクとザルツブルク音楽祭が輝いていくことを願いたい。これはクラシック音楽業界全体にとって明るい話題なのだ。ええいうらやましいぞう!と思うのはもちろんそう。でも明るいニュースですので積極的にとらえて今日の私たちも前向きに生きていこうではないか!!

ワイルドだぜえ!(はい、ワイルドさんです)

コメント

コメントする