【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

バレンボイム、80歳記念コンサートをキャンセル

体調不良でコンサート活動からの一時的休止を表明しているバレンボイムの体調は本当に気になるところです。アジアツアーも降板、日本では代わりにティーレマンが出るとあり、バレンボイムの事は気がかりながらも、それはそれで大変興味深いことになっています。

最近聞いたのですが、昔ティーレマンはバレンボイムのもとでコレペティトア(オペラの練習ピアニスト)をやっていたことがあり、何歳頃の事かはわかりませんが、まあ当然10代とか20代のことでしょうけれども、聞いた話によれば「バレンボイムも恐ろしい記憶力を持っているが、ティーレマンはさらにそれの上をいく記憶力モンスターだ」というのです。

なんとなればワーグナー『指輪』を全曲覚えていたというのであります。笑っちゃうぐらい出来ちゃうので、バレンボイムがいたずらをして「じゃあ次はここから」「その次ここから」、とデタラメに言ってみたところ、ティーレマンは問題なくすらすらと楽譜なしで弾いてみせたのだそうです。そんなティーレマンのことをバレンボイムはすっかり気に入って頭をガシガシしたそうです。

最後のガシガシのくだりは虚構ですが、本当にやっていそうな気もしないかい?

さて、バレンボイムはいまからおよそ半月後の11月15日に80歳を迎えるわけです。そしてそのまさにその日にベルリン国立歌劇場にて、誕生日記念コンサートが企画されていましたが、中止が発表されています。どういう内容だったかというとなかなか興味深くて、

ワーグナー:リエンツィ序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
ショパン:ピアノ協奏曲第1番

指揮:ズービン・メータ
ピアノ:ダニエル・バレンボイム

80歳の節目に持ってくるプログラムとしてピアノ協奏曲2曲とか、その時点でやばいなと思いますけれど、どうしてベートーヴェンの3番とショパンの1番なんだろうか、ということを考えるとなんかじわるというか、好きなもの、いま弾きたいものがこの2曲なのだなと思うと、何となく「へえそうなんだ」という思いになりますね(うまく説明出来ませんけれど)。いいとか悪いとかではなく、全く性格の違うこの2曲、選曲の理由はなんですか?と、ご本人に聞いてみたい。返ってくる答えは「いや、なんとなく、てきとう」とかかもしれませんけれど。しかしいずれにせよ残念ながら公演は中止。

ベルリン国立歌劇場のFacebookによりますと、本人へのメッセージを11月10日までに送ってくれたら本人に渡しまっせとありますので、送りたい方は以下ご覧になってお送りになってはいかがでしょうか。

千羽鶴はじめ物品はたぶん迷惑になるだけなので送らないでください。

コメント

コメントする