【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

ダニエル・バレンボイム(81)、ベルリン・フィルのコンサートとツアーをキャンセル

健康上の理由で。

健康状態がこのところずっとよろしくないバレンボイム、先日1日だけベルリン・フィルハーモニーでウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を指揮しましたが、ツアーはしんどかったか。

26日金、27日土、に予定されていたベルリン・フィルとのベルリン・フィルでの共演(なんと不親切な書き方)、それからその直後の5月1日水、2日木のトビリシ(ジョージア)公演、合計4公演をキャンセル。

なおジョージアにベルリン・フィルが行くのはこれが初めてのことなのだそうです。ってそうなんか、と意外な感じもしますが、はじめてということなのであればはじめてなのでしょう。そもそもベルリン・フィルがいままで行ったことのある国はどこなんでしょうね。数えてみたらすごく少ないのかもしれない。

ジョージアにはじめてというであればソリストはもちろん、ジョージアを代表する方、つまりリサ・バティアシュヴィリであった。ですよね。だよね。はじめてだからかどうか、1日の会場Amphitheatre Tsinandaliっていうところ(どうも屋外。5月に屋外はさぞきもちがよかろうと思いますが、もしかするとトビリシはまだ寒いかな?)のコンサートはネットでの中継も予定されているということなので、やっぱり特別感があったのだろうし、特別にどこかから予算がついたのかもしれない。

バレンボイムの代役はダニエル・ハーディング。プログラムに変更はなし。

コメント

コメントする