【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

ズービン・メータは今日も元気です

フェイクニュースをフェイクニュースであると見抜く力というのでしょうか、それって本当なのかな、と考えることは大事なことです。特に人の生死というものに関しては軽々しく反応をすべきではないのでしょう。いったん拡散してしまうとそれを修正するのは難しい。私もこのブログで間違ったことを書かないように気をつけていますが間違うこともちょいちょいあって、時々(しばしば?)申し訳なく縮こまっていることもあります。

ズービン・メータが亡くなったというフェイクニュースが、ロサンゼルス・フィルのファンアカウント?で流されたそうで、それが拡散したが、本人はいたって元気だった。イスラエル・フィルのメンバーがメータに電話したところ、笑っていたというのです。

FAKE NEWS: ZUBIN MEHTA IS ALIVE AND WELLSlippedisc

メータが冗談好きでよかったね。そんなウソを流されてぶち切れてもおかしくないところ。「俺が死んだの?」とばかりに(あくまでも想像)笑い飛ばしてくれたメータに感謝すべきなのかもしれません。そういえばメータは昔ニューヨークフィルで、ダニー・ケイとケラケラ笑ってたよね。知らんという方はこれをどうぞ。

ロサンゼルス・フィルも反応して、そのアカウントはうちとなんの関係もないし、ロサンゼルス・フィルからの情報だと信じないでね、と発言、さらにはそのファンアカウント(LAphilNews)とやらは凍結されると言う事態に。

本当かどうか怪しい(裏が取れない)情報には安易に反応しないこと、それが善意なのか悪意がありそうかどうかに関わらず。私がこのブログで書いている事もたやすく信じちゃダメです。

コメント

コメントする