衝撃の驚才!9/11(水)中川優芽花 都心デビューリサイタル『子どもの情景』(浜離宮朝日ホール)絶賛発売中! チケットはこちらから

ラルス・フォークト、享年51

先日、公開になった最新のインタビュー動画をぜひ見て欲しいとご紹介したばかりでしたが、

あわせて読みたい
ラルス・フォークトの最新インタビュー動画 先月、ニュルンベルクの自宅で行われたというラルス・フォークトのインタビュー動画が公開されているというわけで見ました。朝5時頃「あーねみー」と思いながら目を閉じ...

容態が急変し昨日お亡くなりになったそうです。

ドイツのピアニスト、ラルス・フォークト Lars Vogt(1970-2022)、享年51。上の投稿では「今年52歳」と書いていましたが、誕生日を迎えて52になるのは今週の木曜日だったそうです。ご冥福をお祈りします。上のページのインタビュー動画ではまだまだお元気そうだっただけに残念です。

https://www.br-klassik.de/aktuell/news-kritik/lars-vogt-gestorben-nachruf-100.html

https://www.classicfm.com/music-news/lars-vogt-pianist-conductor-dies/

フォークトががんの診断を受けたのは去年はじめのことで、状況はそのときからかなり重篤だったようなのですが、「絶対に長生きしたい」「ピアノがうまく弾けても死んでしまっては意味がない」と、つらい化学療法を受け入れ(ピアノが弾けなくなるかもしれない、と医師から言われていた)、その後にもメンデルスゾーンの協奏曲を録音しており、闘病への強い意志を感じていました。

闘病を公表してから半年以上経った昨年11月、メンデルスゾーンのピアノ協奏曲を弾き振りで録音している動画:

「朝起きて、太陽が顔を出すと、すごい、また一日が始まって素晴らしいと思う」「妻と一緒にスーパーに行くこと、子供たちがふざけて走り回っていること、ピアノの前に座ってブラームスの曲をまた練習すること。すべての瞬間を楽しもうっていうのは、言い古された表現だけれど、でも本当に素晴らしいことなんだ」などと語っている昨年5月のインタビューもあるので、ぜひ翻訳ツールを使いながら読んでみてください↓

VAN Magazin
»Selbst wenn es jetzt vorbei wäre, könnte ich nur den Hut ziehen und Danke sagen.« Am 25. März schreibt der Pianist Lars Vogt auf Twitter: »Today: fight against cancer, round 2 (chemo). Keep your fingers crossed for me…« Anderthalb Monate spät...

このインタビューでは「55歳になれたら最高だ。そうしたら次は60歳、70歳・・・。でもどうであれその場その場で受け止めないと」とも語っていました。

さぞ無念だったことでしょう。人生は何が起こるかわからない。私たちは毎日生きていられることに感謝しなければいけない。

コメント

コメントする