【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

エリザベート国際コンクール2024ヴァイオリン部門の出場者決定

エリザベート国際コンクールはベルギーのブリュッセルで開催されるコンクールです。世界でもっとも重要なコンクールの一つと言われ、だいたい毎年開催されます。5月に行われます。ヴァイオリン、ピアノ、声楽、それからチェロの部門がいまあって、年ごとに違う部門が行われるんですよ。今年はヴァイオリン。

もともと戦前にベルギー出身の大ヴァイオリニスト、イザイの名前を冠したイザイコンクールとして創設されたこともあって、というとあれですが、ヴァイオリン界の大スターがこのコンクールから生まれて行っているんですよ。オイストラフとかね。コーガンとかね。クレーメルとかね。レーピンとかね。

このコンクールはブリュッセルの中心にあるフラジェというホールと、ボザールっていうホールで開催されるんですよ。ボザール通った懐かしい。ブリュッセルまた行きたい。

ヴァイオリン部門が前回行われたのは2019年。コロナを挟んで5年ぶりの開催ですね。今回の出場者70人が、正確には一人辞退したので69人が発表されました。290人、18歳から31歳までのヴァイオリニストが応募し、ビデオ審査でそこから4分の1以下に絞られたわけです。

69人の若きヴァイオリニストたちがブリュッセルに集い、火花を散らす!!!!開催は5月6日から6月1日まで!!全員のお名前とお写真と国籍と生年はここからどうぞ。21世紀うまれもたくさん。写真だけじゃあわからないけど、個人的にはボーダーのTシャツを着ている4ポーランドのお兄さんとかが他と違う感じがする!!

皆様ご健闘を!!

昨日も書きましたが弊社ではメルマガをはじめまして、こっそり告知したところご登録がゾロゾロと増えています。このページからうっかり登録してくださいね。真面目にご登録いただいてももちろんオッケーです。よろしくお願いいたします。

コメント

コメントする