【ウィーンの新コンサートマスター】6/29(土)ヤメン・サーディ 広島初上陸!(18歳以下無料招待あり!) チケットはこちらから

山下愛陽(ギター)

2024年3月、初のツアーは大成功!
KANAHIはいい!国内外の専門家が強力にプッシュ

「とんでもない音楽性」「ただただ素晴らしい」
雑誌「現代ギター」の表紙も飾り、ますます熱い注目を浴びる新星

山下愛陽(やました・かなひ、1997- )

1997年長崎うまれ。父はギタリストの山下和仁、母は作曲家の藤家溪子という音楽一家に育つ。2015年より単独渡欧。以後、ベルリンを拠点に活躍を続けている。2024年3月の、初の日本リサイタルツアーは大成功。ただただ素晴らしい、素晴らしすぎる、といった絶賛の声が専門家たちから聞かれた。今後の活動に目が離せない!!

プロフィール

山下愛陽(やました・かなひ)ギター Kanahi Yamashita, guitar
1997年長崎生まれ。ベルリン芸術大学ギター科学士および修士課程、声楽科を経て、さらにニュルンベルク音楽大学ギター科修士課程を修了、現在同大学国家演奏家資格過程に在籍。幼少よりギタリストの父·山下和仁、作曲家の母·藤家溪子のもとで音楽を学び、2015年に渡独後はトマス・ミュラー=ぺリング、カルロ・ドメニコーニ、そして現在ビョルン・コレルに師事。

7歳から「山下和仁ファミリークインテット」の一員として、また山下和仁とのデュオで国内および欧米アジア各地で公演を重ねる。2007年から2008年にかけて、2枚のCD「かさね」および「みんなのにわとりさん」 の録音に参加した。13歳の時にトリノでソロデビュー。2015年よりベルリンを拠点に世界各地でソリストとして、また室内楽の分野でも精力的な活動を展開している。これまでにヨーロッパのみならず、トルコ、メキシコ、アメリカなど各地の音楽祭に招待されており、2018年にはベルリンコンツェルトハウスの大ホールでも演奏。2021年にはC.ドメニコーニに依頼され収録したソロ作品集もリリースされた。

第66回ARDミュンヘン国際音楽コンクール、セミ・ファイナリスト(2017)。2019年ドイツギター賞受賞、2021年イザローン国際ギターコンクール第2位、2022年第1回バッハギターコンクール第3位ほか、国際コンクールでの受賞多数。2016年から2019年までヤマハ音楽財団奨学生、2020年から2022年まではローム音楽財団奨学生。また、2021年からD’Addarioアーティストにも選ばれている。

Website: www.kanahi.de

雑誌現代ギター2024年1月号表紙

動画

静かな集中力で聴く者を引き込むJ.S.バッハ《シャコンヌ》

日本でのこれまでの主な公演:

2024年
3月5日[火] 宗次ホール(名古屋)
3月6日[水] フィリアホール(横浜)
3月8日[金] 武蔵野市民文化会館小ホール(東京)* [完売]
3月12日[火] レスプリ・フランセ(鵠沼)
3月13日[水] 日経ミューズサロン(東京)[完売]
3月15[金]、16日[土] 名古屋ギターフェスin伊勢(三重)
3月17日[日] 江崎ホール(静岡)

日本でのこれからの主な公演:

2024年
9月23日[月・祝] 東京都交響楽団(東京)
9月26日[木] 三重県文化会館(津)
9月27日[金] 農業屋コミュニティ文化センター(松阪)
9月29日[日] 仙台ギター教室(仙台)
9月30日[月] 埼玉会館(さいたま)

2025年
11月8日[土] 東海地方でリサイタル予定

コンタクト

山下愛陽に関するお問合せ、出演依頼は山根まで: yamane@officeyamane.net

目次